ブログの使い分けできる人ってすごくね?

そういえばちょっと以前に、人気ブログ運営してぇ!みたいな願望がありました(今は疲れるのでやめました)

 

それで有名なブロガーさんとかの記事とか見ていると、アウトプットの仕方がすごくうまいのはもちろんなんですけど、その使い分けとかうまいんですよね。

今ではブログサービス以外にも様々な書き手のプラットフォームが存在します。マネタイズできるかどうかはさておき。

 

僕もいろんなプラットフォームで突如更新したり、更新しなかったり、とめちゃくちゃですが、文章を書くのは好きなので、ブログサービスとか書き手が入ってくる系のサービスはあらかた触っています。

あ、使い分けの話だった。

 

そんで、様々なサービス(Mediumとかnoteとかg.o.a.tとかその他さまざま)に高い頻度で更新しているのにも関わらず、内容というか、これ本当にネタつきないのか??っていうレベルで更新しまくっている方々とかみると、すげえな、と思います。

 

別に答えはないんですが、どうやって使い分けしているんでしょうね??

 

ちょっと面白そうなので、まったく結論考えないで書いてみました。おわり。

匿名で文句が言いたい

って思うときってやっぱりありまして、実際に匿名で批判したり、何かの意見を述べたりしている方々もいると思います。

僕もはてなブログとかをニックネームでやりつつ、リアルネームでほかの場所で書いていることとはまったく違う過激な発言とかをしてもいいかなと思っていた時期があるんですが、僕はちょっとムリだなと思っています。

 

理由は2つあって

一つ目は、「なんだかんだ特に言うことない」ってことと、二つ目が「そういうことやる時間がもったいない」からです。

これは僕がもったいないと思っているだけであって、やっている人はアホ!とかそういうことではなく、ただ僕は凄くそれを人生の糧にできるようなタイプの人間ではないと自分のことを考えているのです。

なんだかめんどくさそうな人間でしょ。すみません。

絶妙なアウトプットの手段としてブログを書く

 

☆ぼくのアウトプットの仕方

つぶやきや読んだ記事のシェア→Twitter

まじめなこと/思考整理の文章を書く→Medium

会社のことを書く→note

リアルな知人・知り合いとのつながり→Facebook

 

と来て、なんか物足りないなぁと思ったのでブログを新しく開設。

 

特段他のプラットフォームでもプレッシャーを感じて文章を書いているわけではないのですが、どうしても文章を書きたいときはあります。

ということで、あまり自己体系化できていないことや、まだ自分の中で論理的に落とし込めてない部分や気持ちを書く場所のためのブログとして活用します。

 

面白い使い方ができればいいなと思うのですが、それは追々やっていきます。